FC2ブログ
--.--.---- --:--スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押して!押してww <一日一善! でなくてww一日一回「往復」で、ぽっちり応援お願いします!!ww
2009.07.23Thu 07:00官能小説ww
今回も当然R-18ですww 年齢に達して無い方は閲覧ご遠慮下さいww

タクイチロゥさんのライブチャット用語集・官能小説コラボ第2弾です!!
今日のお話は短めの現代劇ですwwてか全然ショート・ショートじゃなくなっちゃいましたww
ご覧あれ~~!


「今夜だよね?!キャバクラww」
「でっけえ声出すなよ!!・・・みんなにバレるだろぅ・・・!!」
部活の練習の後の穴だらけのジャージで体育館の横の階段の上から声を掛けると
夕日の所為じゃなく顔を真っ赤にしてタクちゃんが怒った。

「ねえねえ。どこの店行くか決めた?」
「おお。インターネットで調べたんだけど『ポンギ』辺りで何処がエッチいのか今いちワカンネエww」
「高けーかな?」
「吾朗、幾ら持ってく?」
「ん~5千円ぐらい?」
「馬鹿。それじゃあ勝負権ねえ!!」
「じゃあ8千円;;」
「切り良く万札持ってこい。」

それじゃあ貯金箱開けなきゃぁ・・・とかおバカな事考えてると
「店どうすんかなぁ・・・先輩に聞くと『俺も行く!』ってな事になるし・・・」

高校最後の夏休みに『キャバクラ行ってみたい!』と相談すると、タクちゃんは二つ返事で『おお!まかしとけっ!!』って答えたけどやっぱり経験はないみたいで困ってる。
「あっそうだ!!」
俺はケータイを取り出すともう一人のダチに相談する事にした。

「えっ!誰に電話すんの?!」
「なんか『都内』とか良く知ってるって聞いたから、有君。」
「アイツゥ~? あんな秀才君がキャバクラなんて知ってンのかよ?」
「なんか前に『OFF会』とか企画してたし・・・」
「へ~なんか見かけにヨラネーな。」
「あっ有君?今塾?ワリイ・・・うん・・・・そう・・・・イマイチ不安でさぁタクちゃん。行ける?」
「テメェ・・ごろ!」
「そう!・・・うん・・・改札。7時ね。そんじゃ!」
「んだよ!『不安』って!!」
「来れるって!有君。」

#続きますよww

官能小説コラボ-その1ライブチャットポータルBlog連動コラボ企画 参加中!!ww
  *   *   *

一目散にウチに帰ってシャワーを浴びると着替えて駅前に行った。
「お!すげえタクちゃんが先に来てる・・・」
「だってよお。俺なんかwkwkしちゃってww・・・お前そのカッコかよ?子供クセエ。」
「うん。」
俺はオキニのボウラーシャツに綿のパンツ、ちょっとクラシカルのべダルシューズにした。

「タクちゃんこそww何そのカッコww」
タクちゃんは親父さんの背広の中に派手なアロハ来てる。それじゃヤクザさんだよww
「だって会社員演出しねえと。都会の社交場だろ?キャバクラって。」
「二重の意味でちょっと違う。」

「あっ来た。有君!!」
有君はオレラのクラスの秀才でいつもは眼鏡の真面目タイプなんだけど、この前図書館で話してから結構気さくな奴って解ってつるむ様になったんだ。
「どうも。驚いたよ、イキナリのお誘いでww」
「ワリイww」
「よお!」っとタクちゃん。一応面識はある。
「へえ~~タク君決めてるネエww」
でも驚いたのは俺たちの方だった。
麻の上下に白いT-シャツの有君は眼鏡を外していてピアスしてた。勿論耳にww

「じゃあ何処行くか決めていいの?」
「おお!馴染みの店は今日定休なんだ。」
「タクちゃん定休てww」
「じゃあ六本木に面白い店あるからそこにしようか」

電車に乗って暫らく話すと、有君の面白さにタクちゃんも気が付いて盛り上がった。
これからキャバクラに行く期待感もあって興奮もしてたしね。

  *   *   *

「ここの店。」
地下鉄から出て六本木の街に気圧されてる俺たちを尻目に有君はどんどん入っていっちゃう。
「なんかスゲエ・・・ってか何て書いてあんの?コレ」
「@virgin アット・ヴァージンだよ。」
「高そう・・・」
「馬鹿。はいんぞ!」
有君の後に付いて高校生とばれないよう階段を下りる。
店内は意外と明るかった。

「3人様コチラです!ご指名は?」
BOXに通されるとオニイチャンが跪いた。
「まだ女の子少ない?・・・ならいいです。」
眼ぱちくりの二人をほっといて有君が答える。
確かに店内はマバラだ。

「はい!じゃあ『ルミさん』と『ソフィアさん』と『あかねさん』お願いしま~す!」

オニイチャンの紹介と共に超ミニの女の子が入りに来る。一人ひとり間にだ。
「こんばんは~!わ~スゴ~イ!!みんな若いね~ww」
「嘘~~!可愛いww」
「なに~?大学生?」

手馴れた感じで有君が話す。
「そう。サークルの仲間。前に来た事有ったよな?」
ふんふんと言葉にならない相槌を打つ。
「へ~そうなんだ。どこ大?」
「早稲田。」
「あったまいいんじゃんww」
「そうでも無いよww」

もう女の子の香りとすり付くフトモモでオカシクなりそう。でも何とかお話しなくちゃモッタイないww
「おねえさんはどこの人?」
「おねえさんいうな。」 <タクちゃん
「え~青山だよ。」
「ほえ~?何年生?」
「大学じゃなくて自宅ww」
「あ~」
会話弾まねえ;;

「あ・・・」今まで無口だったタクちゃんが口を開いた。
「なんか彼女、どっかで逢った事ない???」
「あたし?ああ、じゃあビデオ見たんじゃない?
「ビデオ?」
「言って無かったけどこの店、女優さんのキャバクラだから。」 <有君
「ええっ!!」 <二人
「だから~、あたしの出てるエッチなAV。見たんでしょ?ww
「エエーーーーーーッ!!!!!」
(有君呆れ顔ww)

「知らなかったの?」
なんかそれ聞いただけでボッキしてきた;;
確かに3人とも整った顔立ちとナイスバディで並じゃねえ。
対面の子はホントにタクちゃんに借りたDVDに出てたww
彼女がシナを作って「だっちゅ~のw」すると、もうなんか顔真っ赤で
先っちょぬるぬるになってきた;;

その時、ガチャ~~ンと手荒なドアの音と共に入ってきた、背の高い女の人が横目に映った。
マックロなコステューム。ボサボサの髪。キツそうな瞳
なんか嫌な予感がした。

  *   *   *

「それではお時間ですのでおねがいしま~す!」
20分も経って無いと言うのにオニイチャンが来た。
「ええ~~!もうオシマイ?」 <調子に乗ってきたタクちゃん
「チェンジだよ。」
「チェンジって『何回の裏』とか?」 <俺
「面白杉~~ww」
「じゃあ『店内』する?」
「『店内』って?」 <二人
タクちゃんの脇を小突いて有君が言う。
「あ、うん!今度またゆっくり・・・」
残念そうに女の子達が席を立つ。

「キツイわ~、会話成り立たない;;」
「そう?結構楽しんでたじゃないww」
「俺楽しいww エロビの姉ちゃんと話せるだけでww」
「タクちゃん知り合いだったからいいよなー」
「知り合いてww」

「はい!それでは『マキさん』と『カレンさん』と『アンジーさん』で~~す!」

予感が当たった。
オニイチャンが紹介する次の女の子3人の中に、さっき入ってきた『キツそうな女』がいる。
『アンジーさん』と紹介されたその人はしかも俺のとなりだ;;

「どうも~ww」
「ホントに若いね~裏で噂してたヨww」
「・・・」
ファースト・トークは無しかよ!

今度の3人はどっちかと言うと「オネイサン」でむんむんするよな胸元と、オトナっぽい雰囲気で
有君すら赤面するようなエッチさだった。タクちゃんなんか絶対我慢汁出てるww
「へーえ!じゃあ有君は女の子の経験あるんだ~ww」
「ええ。まあ同じサークルの・・・」
「ううううそうそっ!どどどいつ?? XX子?!!」 <タクちゃん興奮し杉ww
「www??」 

「おい。」
その時までひとっ言も喋らなかったアンジーさんがイキナリ口を開いた。
「お前ら高校生だろ。」
「え・・・」息を飲む3人。
「こんな店来て女、乳くろうなんざ百年早ええ。もう帰ってマス掻いて寝ろ。」
衝撃的な台詞に絶句する俺たち。
「もうっ・・・ちょっとアンジー・・・ごめんね!この子口悪くてww」
っとカレンさんがフォローしようとした時だった。

「んだと!コノヤロー!!」
隣りのBOXで喧嘩が始まった・・・マジかよ;;
「テメエ文句あんのかぁ?!」
顔真っ赤にしたリーマン風のオッサンが、もう一人のやっぱりオッサンの首根っこつかんでる;;

「ちっ・・・他所でやれよ。」
横向いたアンジーさんが頬杖をついた瞬間、太ったほうのオッサンの右フックが
脂ぎったもう一人のオッサンの顔面に炸裂し、「醜いスローモーション」でオッサンが飛んだ!
#ここいら「オッサン」多いなww

ダラシナク飛んだオッサンが壁面に衝突した瞬間、丁度俺とアンジーさんの頭上に吊ってあった
"BOSE"の巨大なスピーカーが「ギシッ」と言って傾いた!
【ヤバイ!!】
その瞬間、体がカッテに反応した。
俺はバスケで「フェイダウェイ」を打つときの様に、半身をひねって反りながらアンジーさんをかばう様にスピーカーを受け止めようとして・・・
その瞬間、バッフルボードを下にして落ちてきた"BOSE Panarey9400"を顔面で受け止めた。

「!!!おいっ!大丈夫か!!」
星がバチバチ飛び交う視界の中、アンジーさんが俺を見下ろして叫んでる・・・
怖そうだった彼女の顔が心配そうに・・・ああ・・髪が鼻に入ってコソバイw・・・
ちょっと嬉しそうにニヤケながら、俺は失神した

  *   *   *

カチャカチャと音がする・・・
何の音だろ・・・頭痛エ・・・

おぼろげな光を感じながら俺は目を覚ました。何処だ?・・・此処。
ゆっくりと見回そうと首を起こすと、頭に載っていた「湿らせた布」が落ちてきた。
額を冷やそうとしてくれたんだろうが、それは何故か俺が履いてた「靴下」だった。

【キッタネエ部屋・・・】
印象はそんな感じだった。脱ぎ散らかした服、コンビニの袋、カップめんの殻、ビールの缶。
そんな中に、光る液晶画面に向かう彼女が、豪勢なオフィス・チェアに座ってキーボードを叩いてた。
デスクの上にも缶、そして何か本が沢山伏せたまま置いてあった。
【何してるんだろう・・・】オフィス・チェアにあぐらで座ってるのは、確かにアンジーさんだった。
じゃあ此処は彼女の部屋

まとまらない頭でそんな事を考えていると「ポーーン」とチャイムみたいなのが鳴って
何か画面が切り替わった。
その途端、彼女は居ずまいを正し、頭を撫でつけると横にあったヘッドセットを付けた。
「こんばんは~ww 聞こえますぅ?」
暫らく沈黙が続く・・・
「え~~!そんなwwせっかちネエww」なにか画面が明るくなったかと思ったら消えた。

「ッタク!ポイント持ってネエ癖に邪魔しにくんな!・・・プロットが進まねえじゃねえか・・・」

消えてしまった画面にひとごこち悪態をつくと、彼女は後をうかがって俺に気付くと
前を向いたまま言った。
「頭は大丈夫か?」
「うんもう大分。」
「そうか。じゃあ良かった。ったく心配させやがって。」
「すいません・・・」
「いや!アンタの所為じゃないよ。アンタは守ってくれたんだから・・・」
「あの! 他の二人は?・・・」
帰した。金持ってネエだろうし、もう「夜遊び」って気分じゃなかったろww」

「じゃあその後俺を?・・・」
「うん。アンタは頭打ってるし暫らくは心配だから店で寝かしといたんだけど、早めに上がる時に連れて来たww」
「え・・・でもっ」
「安心しなww あの落ち着いた方の子、あの子にアンタを家に泊めるって電話させといた。」
「ああ有君なら・・・よいしょっと。」

「まだ寝てな。」デスクから振り返って彼女が言う。
「もうだいじょぶです。帰ります。」
「ww寝てな。もう電車ネエよ。」
「あ~~・・・」


「なあ?」
又デスクに向き直った彼女が聞く。
「はい・・・」
「何で『キャバクラ』なんて来てみたくなったのさ。 二人の話じゃアンタが言い出したって・・・」
「うん・・・」
「あんな店じゃ「まんこ」どころか「おっぱい」だって見れやシネーのにww」
「そうなんですか?」
「そうだよ。アソコは馬鹿なエロオヤジがAV女優口説けると誤解して金落す場所だww
「はあー」
「一回や二回飲みに来たって「ヤラセル」訳ねーだろ?ww」
「ヤラセルてww」

自分の表情を形作った「笑顔」が徐々に希釈されていくのを感じながら
俺は頭の中の嫌な記憶を反芻し始めた。

ずっと好きだった女子部のポイントガードの子に打ち明けた事。
夏休み前に一度だけした初めてのデート。
盛り上がらない会話に「ツマンナイ」を連呼する彼女。

「エヌ君って女の子とシタ事も無いんでしょう?ww」
散々文句をタレられた後に「他の男」を呼ばれた事。

そんな事が脳裏をよぎり、布団につっぷした。

「おーおーww『青春の青き悩み』かwww 青臭いね~~ww」
「そんなんじゃないです。」
「どうせ可愛くも無いコムスメとSEXして失敗した挙句に『ヘタ』とか『早杉』とか言われたんだろうww」
「まだシテないです。」
「まだシテネーのかよ!」

好き勝手言われてアタマに来たけど・・・なんとなく膝を抱える。

「あーヤダネーww それで落ち込んだってキャバ女の同情買って『慰めてクダサイ』ってかww」
「そんなつもりじゃ・・・」
「ミエミエなんだよ。」
「・・・」
「あたしゃそんなつもりで連れて来た訳じゃないからね。」


嫌な時間が過ぎていく・・・ちきしょう・・・もう帰ろうかな・・・歩いて・・・

その時カラン!と彼女のペンが足元に落ちた。
「あっ」と言って彼女がデスクの下に手を伸ばそうとした瞬間、「ポーーン」と又チャイムが鳴る。
「客来た!ねえ。ちょっ」
慌てる彼女はあぐらのままヘッドセットを付ける。
「こ~んばんは~ww」
声色を作りながらも左手はデスクの下を指差す。
なんだよ。拾えっていうのか?
フザケンナ。

#ああ!もう全然ショート・ショートじゃ無くなりましたww
 とりあえず「前編」公開ですww お楽しみに~~ww
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

押して!押してww <一日一善! でなくてww一日一回「往復」で、ぽっちり応援お願いします!!ww
証券取引ならこれだけでおkww とりあえず登録してみる?ww
結構スゴイ品揃え 最初っからマイクw
老舗の実力見せてもらいましょうかwwああ!彼女がいるっ!!

やっぱりライブチャット最前線!すげえ凄杉るww
貴重な収入源ですwwみんなも頑張ろう!

こんなカッコで迫られたらたまんねっすww

見直すと結構差が出ます。

可愛いバナ~きっと可愛いコもいるよww

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。